なるほどエージェント

英語

プログラミング

理科

社会

SDGs

国語

算数

アート&食

キャラクター

オオカミ王ロボ
シートン 作 

The Wolf King Robot by Seaton

オイラ、この話は涙なくしては読めないんだ。いつも最後のところで、悲しすぎて、本を閉じちゃうね。だから動画をいつも見てるんだ。それでも泣いちゃうけどな。町ではチロチロ歩いているバカな犬が多いように感じるかも多いかもしれないが、本来オイラたち犬やオオカミは、めちゃくちゃ賢いんだ。だからちょっとは尊敬してほしいぜ。

ちなみにな、イギリスの作家アーネスト・トンプソン・シートン様はオオカミだけじゃなく、羊、雀、クマやイノシシ、いろんな動物について物語を書いているぜ。これを機に、みんなにいろんな動物について知っておいてほしい。
いろんな動物の物語を読んだけど、ロボはな、オイラの理想の男さ。なにせ愛のかたまりだぜ。まわりに優しい存在だからこそ、王と呼ばれるのにふさわしい。憧れるぜ。英語でロボのすばらしさを、感じてくれな!

オオカミ王 ロボ

100年以上も昔。アメリカのニューメキシコ州、カランボーというところに、ロボという名の、灰色のオオカミがすんでいました。
ロボは体が大きく、頭もよくて、オオカミを率いる「魔物」とも言われていたリーダーでした。オオカミたちは、毎晩のように農場の家畜のもとへ行きます。そこで、上手に侵入しては、日に一頭ずつ牝牛を襲撃するのでした。
人間は、なんとかこのズル賢いオオカミ一味を退治しようと、ロボに異例の懸賞金をかけることにしました。
各地から集まった、名だたる猟師たち。それぞれが、ロボを退治しようと必死です。ところが、それでも、誰一人としてロボを射止めることはできませんでした。

More than 100 years ago. In a place called Carambaugh, New Mexico, there lived a gray wolf named Lobo. Lobo was big and smart, and he was the leader of the wolves, who were called “demons. Every night, the wolves would go to the livestock on the farm. There, they would skillfully break in and attack the cows, one by one, one day at a time. The humans decided to put an unusual bounty on Lobo in an attempt to get rid of these clever wolves. A group of famous hunters gathered from all over the world. Each of them is desperate to get rid of Lobo. However, none of them were able to catch Lobo.

そんな折、牧場主から、野生動物に関する豊富な知識を買われて、ロボ狩りに挑戦することになった人物がいました。
博物学者であるシートンです。1893年の秋でした。でも、賢いロボは、どんな罠にもひっかかりません。悩むシートンでしたが、ある日、群れのなかにロボの連れ合いのメスがいることを発見したのです。
シートンは、このメスオオカミ、ブランカを罠にかけることを試みました。作戦は見事成功します。ブランカは、通り罠にかかり、殺されて、その死体は納屋に入れられたのです。

Then, one of the ranchers decided to challenge the Lobo hunt because of his extensive knowledge of wildlife. It was the fall of 1893, and Seaton was a naturalist. It was the autumn of 1893, but the clever robot was not caught in any trap. One day, however, he discovered that there was a female companion of Lobo in the pack. Seaton tries to trap this female wolf, Blanca. The mission is a success. Blanca was trapped in the street, killed, and her body put in the barn.

それからというもの、ロボは、連れ合いのブランカを探し続けました。そして、今までの慎重さを失い、ハチャメチャな行動まで始めます。
一日中、悲しげな声で泣き叫ぶのです。あれだけ賢くて、どんな罠にも決してかからなかったロボ。ところが、ブランカの死後は、彼女の死体で人間がつけた偽モノの足跡にも、カンタンにまどわされてしまいます。そして、ついには罠にかかり、そして生け捕りにされてしまうのでした。

For the rest of the day, Lobo continued to search for his companion, Blanca. He lost his cautiousness and began to act erratically. He cried and cried in a sad voice all day long. Lobo was so smart and never fell into any trap. However, after Blanca’s death, he is easily fooled by the fake footprints made by humans on her dead body. Finally, he is trapped and captured alive.

囚われの身となったロボは、与えられたエサや水には見向きもしませんでした。ただ静かに横だわっては、ひたすら大草原の彼方を見つめていました。そして夜明け前に、とうとう息絶えたのです。ブランカの脇に置かれたロボの死体を見て、カウボーイは低い声でつぶやきます。
「ロボよ。おめえはずいぶん、こいつのそばへ来たがっていたな。かみさんは隣にいる。おめえたちは、またいっしょだ」

As a prisoner, Lobo didn’t care about the food and water he was given. He just lay there quietly, staring out across the prairie. Then, just before dawn, he finally died. Looking at Lobo’s body beside Blanca, the cowboy murmured in a low voice, “Lobo. “Lobo. You’ve been wanting to get close to him for a long time, haven’t you? Your wife’s next door. You’ll be together again.

音読教材

キャラクター

<先生コーナー>

動画について

<関連科目・単元> 

QRコードの印刷

オオカミ王ロボ

QRコードのプリントアウト
メモ
テキストのコピーはできません。