なるほどエージェント

英語

プログラミング

理科

社会

SDGs

国語

算数

アート&食

キャラクター

若草物語

若草物語
ルイザ・メイ・オルコット 作

Little Women by Louisa M. Alcott

さて。あたしがあんたたちに英語で聞いてほしい本は、これだよ。あんたら、「風と共に去りぬ」っち ゅー映画の話は聞いたことあるかい?この本が書かれた時代と同じく、1860年代アメリカが舞台さ。アメリカが南北戦争をしていた頃の話なのさ。このとき、奴隷制を続けるのは反対という北部、つまり若草物語の父さん側と、奴隷制を続けようという南部が戦っていたいたのさ。

南北戦争につながるキッカケとも言われた文学に、1852年、アメリカのストー夫人が出版した「アンクル・トムの小屋」というものもあるよ。(これも、読んでおくべき本のひとつだね。もちろん日本語でいいよ)1850年代、1860年代と、時代を追いかけながら文学を読めば、また新たな発見があるよ。

ちなみに1865年、戦争終結後、有名なリンカーン大統領は「奴隷解放宣言 Emancipation Proclamation」を発して、長く続いた奴隷制が廃止されたんだよ。ブラックライブズマターはここからもう、始まっていたのさ。そんなことを感じながら、英語を聞いてごらん。


若草物語

時は 1860 年代。アメリカ東北部のコンコードという町に、仲のよい 4 人の姉妹がいました。美しく て、社交界に憧れる長女のメグ。男まさりで、読書好きの次女、ジョー。内気でピアノが上手な、三女 のベス。そして絵が得意でおしゃまな末っ子、エイミー。

In 1860s in the northeastern town of Concord in New England, the United States, there lived four very close sisters of The Marches family named Meg, Jo, Beth and Amy. Pretty Meg, the oldest daughter, always dreamed of upper-class life and going to parties. The boyish second girl, Jo, loved to read books. The third daughter Beth, the shy one, was a good pianist. And the little lady, Amy, was a good painter.

姉妹は、母・メアリーといっしょに、南北戦争に行ったお父さんの帰りを待ちわびながら、つつましや かに暮らしていました。そんなマーチ家にも、クリスマスがやってきました。「プレゼントのないクリ ス マスなんて、クリスマスじゃないわ!」「貧乏って最低!」文句を言うジョーやメグに対して「お父様 や お母様、そして姉妹がいるだけで私は満足よ」と言うベス。 

The sisters and their mother, Mary, led humble life, waiting for Father March to return from fighting in the Civil War. When Christmas season arrived, Jo and Meg grumbled, “Christmas won’t be Christmas without presents!” “It’s so dreadful to be poor!” But Beth said contentedly, “We’ve got Father and Mother, and each other.”

マーチ家の隣には、年老いたお金持ちのローレンスさんが住んでいました。それまで、気むずかしい ローレンスとマーチ家は、これといった交流はありませんでした。でも、同じ年代の孫・ローリイの部 屋の窓に、ジョーが雪だまをブツけたことがきっかけで、両家は仲良く交流しはじめます。 

Next to their house lived the rich and elderly Mr. Lawrence and his grandson named Laurie. Known for being difficult, Mr. Lawrence didn’t socialize with The Marches. But they got to know each other after Jo, who wanted to make friends with Laurence, tossed up a snowball to the window of his room to make him look out.

若草物語

最初は、うちとけられなかったベスも、気むずかしいローレンスさんと、だんだん仲良しになっていき ました。お屋敷にあるグランドピアノを自由に弾かせてもらえるようになると、ベスは嬉しくてたまりま せん。「感謝の印に」と、ローレンスさんに温かい部屋ばきを作ってあげたのです。そうしたら、今 度 はなんとローレンスさんから、マーチ家にアップライトピアノが運ばれてきたのでした。

At first, timid Beth found it hard to talk to old Mr. Lawrence, but gradually became comfortable around him. He offered the girls to practice on the grand piano any time of the day in his mansion, which made Beth, the good pianist, very happy. She was so thankful that she made a pair of slippers for Mr. Lawrence, who in return sent The Marches a little cabinet piano.

「このピアノはね、ずっと弾いてくれる人を探していたんだ。私たちの代わりに、あなたがたが音を出 してあげてくれないかい?」夢のような楽器を前に、ベスは手をたたいて喜びたいのを、必死で抑え ていました。

His letter said, “This piano has been looking for someone to practice on. Would you be so kind to play it on our behalf?” Seeing the beautiful little piano, Beth couldn’t be happier. She had hard time hiding her joy, pressing her hands together to keep from clapping.

ある日、戦争に行っていた父が怪我をして、ワシントンで入院しているという知らせが届きます。ジョ ーは、お母さんの旅費をつくるために、大切にしていた自分の金髪を 25 ドルで売って渡しました。 ところが、お母さんが、お父さんの看護に行って留守の間に、マーチ家には大変なことが起こります。

One day, The March family received a telegram that Mr. March was seriously ill and stayed in the hospital in Washington, D.C. Jo had her precious blond hair cut off and sold so that she could provide her mother with $25 for her trip to the hospital. In their mother’s absence, something terrible happened to The Marches.

貧しい近所の娘を、看護してあげたことがきっかけで、今度はべスが、しょうこう熱にかかってしまう のです。死の影と戦うベスを看病しながら、ジョーは思います。「ベスという妹は、なんとやさしい 心 を持った妹なのでしょう。人のために生きる、なんと深い人間なのか」姉妹たちの必死の看病で、ベ スは何とか一命をとりとめたのでした。

。Beth went to visit a poor neighbor to bring them food and supplies and while taking care of their ill baby, she contracted scarlet fever. Jo devoted herself to Beth and saw how the sweet younger sister bore pain uncomplainingly and unselfishly lived for others. With her sisters’ devoted care, Beth survived the sickness but did not retain her energy as she used to.

若草物語

再びクリスマスの時期が巡ってきました。昨年は「プレゼントのないクリスマスなんて、クリスマスじ ゃないわ」と言っていたジョーも、「お父様がいらしたら、私はもう、何もいらないわ」というベスの 言 葉に「本当にそう思うわ」とうなずきます。様々な事件を経て、少女だった姉妹は、若き女性へと成 長しはじめます。そして、そんな姉妹のもとに、戦争に行っていたお父さんも、いよいよ帰ってくるの でした。

Christmas season arrived. “I’m so full of happiness, that if Father was only here, I couldn’t hold one drop more,” said Beth. “So am I,” added Jo, who, only the year before, grumbled, “Christmas won’t be Christmas without presents!” Through their dreams and hardships, the four little girls surely began to grow in maturity as fine ladies. And to these women on Christmas Day, Mr. March returned.

音読教材

キャラクター

<先生コーナー>

動画について

<関連科目・単元> 

QRコードの印刷

若草物語

QRコードのプリントアウト
メモ
テキストのコピーはできません。