なるほどエージェント

英語

プログラミング

理科

社会

SDGs

国語

算数

アート&食

キャラクター

オンライン絵本

赤毛のアン
ルーシーMモンゴメリー・作

Anne of Green Gables by Lucy M. Montgomery

赤毛のアン。すばらしいわぁよ~ん。だからみんなに、一度でいいから英語で聞いてほしいの。美しいのよ、音が。それを感じてほしいわ。 

アンはこの物語の後も勉強をがんばって、すばらしい先生になるのよ。そしてギルバートとの素敵な恋愛は読んでいてたまらないわ。あたしの理想の愛ね。でも現実にはギルバートはいないから、本の中で恋をしているわ。

私がアンから学んだこと。それは何事も良い方向に考える努力をすることよ。悪いことに巻き込まれると、悪い方向に考えてしまうけど、それって実は何の役にもたたないのよねぇ。あたしも前向きに生きて、いつか私のギルバートをゲットするわ。そしてがんばってアンみたいに生きていくわ。想像力を働かせてね!あなたもファイティン!

赤毛のアン

ここは、カナダの孤児院。窓枠にもたれて、1人で空想にふける少女がいました。彼女の名前は、アン・シャーリー。
赤毛で、そばかすがたくさんある、やせっぽちの女の子。
おしゃべりで、空想することが大好き。
いつも素敵な世界を1人で空想しては、楽しんでいました。

At an orphanage in Canada, there was a girl named Anne Shirley. Red-headed,freckled and skinny, she was a girl of imagination and always leaned on the windowsill, daydreaming about all sorts of different things, her wonderful world of fantasy.

ある日、アンは、カナダの美しい島、プリンスエドワード島にある家に、引き取られることに。
でも、そこには手違いがありました。引き取り手の老人、マシュー・カスバートは、野良仕事を助けてくれる男の子を捜していたのです。
しかし、約束したブライト・リバーの駅にいたのは、赤毛の女の子。
それでも、心の優しいマシューは、彼女を置いて帰るわけにもいかず、連れて帰ったの
でした。

One day, Anne was brought to Bright River Station to be picked up by a man who would take her into his household in Prince Edward Island, a beautiful isle in Canada.However, there was a series of mishaps. Mr. Matthew Cuthbert, who came to the station, wanted to get an orphan boy to help with his farm, not a red-headed girl. But being a compassionate man, Matthew could not leave her there and take her home.

赤毛のアン
女の子が大の苦手だったマシュー。でも、不思議なことに、家まで帰る馬車の道のりで、気がつく とアンとのお喋りを楽しんでいました。そんな自分に気づいて、ビックリするマシュー。 Matthew used to feel very uncomfortable around little girls, but on the buggy to his way home, he realized that he liked Anne’s chatter. To his own surprise, he was enjoying himself.

マシューの家、グリーンゲイブルズに着きました。彼の妹の老女、マリラは、最初手違いで来たアンを孤児院に帰そうとしました。でも、次第におしゃべりで陽気なアンの魅力に惹かれていった2人。いつしかアンを家において育てることに決めたのです。

The buggy reached Matthew’s home in Green Gables. Noting the mistake, his younger sister, Marilla, wanted to send Anne back to the orphanage. But Matthew and Marilla have come to like this cheerful, chatty girl. So they decided to take her.

3人の生活がはじまって、しばらく経った頃、ピクニックをしていたアンの前に、果樹園の丘に 住む黒髪の美しい少女、ダイアナ・バリーが現れます。2人は、すぐに大の仲良しになりました。

After a while with Matthew, Marilla and Anne living together, Anne met Diana Barry at a picnic. Diana was a girl with beautiful black hair, who lived at Orchard Slope. The two girls soon became bosom friends.

新学期が始まり、アンは学校に通いはじめます。ところが初日、アンは隣の席にすわる男の子、ギ ルバート・ブライスに、三つ編みの髪をつかまれて、「ニンジン」と言われてしまったアン。怒 っ た感情にまかせて、ギルバートの頭に石板を叩きつけてしまいます。このことをきっかけに、ア ンは一生ギルバートと話さないことに決めたのでした。

With the start of new school term, Anne started to attend Avonlea School. On the first day of school, Gilbert Blythe, who sat next to her, grabbed her long red braids and teased, “Carrots! Carrots!” Anne became furious at this, whacked his head with her slate and decided never to speak to him.

それでもアンは、ダイアナや、ほかの友達と楽しい毎日を過ごしながら、色々な出来事や出会い を経験して、次第に成長していきます。また、ギルバートに負けたくない気持ちと、勉強に興味が あったことで、アンは勉学に励むのでした。いつしか彼女は、ギルバートと学校で1番、2番を争 うほどの成績をとれるようになり、ついには、1番の成績で、上級学校のクイーン学院へ入学し ます。

Anne went on in life with friends like Diana, meeting new people, new challenges. She studied very hard because she was interested in different subjects, and also because she didn’t want to lose to Gilbert. Anne competed with Gilbert to get the top grades in class and ultimately got passed the first in the entrance exams of Queen’s Academy.

クイーン学院に通い始めたアンは、遠くの町に下宿しなければなりません。アンは、ホームシッ クに苦しみつつも、本格的に勉学に励みました。そして、大学へ進学するためのエイブリー奨学 金を獲得、クイーン学院を卒業します。卒業式の時、壇上で卒業生の代表として答辞を読んだア ンをみて、マシューとマリラは自慢の娘アンを誇りに思うのでした。「あのとき、アンを引き取 る ことにしてよかった」とアンへの愛情を再認識したふたり。

Anne started to attend Queen’s Academy. Staying at a boarding house so far away from home, she missed home very much. But she studied diligently, and graduated with Avery scholarship to go to college. At the commencement, Matthew and Marilla were very proud of Anne, watching her make the address in reply. “We sure are glad that we kept her,” they thought.

そんな希望に満ちて幸せいっぱいのアンでしたが、あるとき突然、悲しみに襲われます。マシュ ーが亡くなってしまうのです。「アンは、わしの自慢の娘だ」という言葉を残して 。

Anne was full of hope with her teaching job. But one day, something terrible and sad happened to her. Matthew passed away, with his last word with her being, “my girld that I’m proud of.”

マリラが1人になってしまうことを心配したアンは、大学への進学をあきらめて、隣の町の学校 で教師として働くことにしました。それを聞いたギルバートが、あるとき、自分が働くことにな っていた近くの学校を彼女に譲る、と申し出ます。アンは、ビックリ。

Concerned about Marilla being alone, Anne decided not to go to college but to stay home and help Marilla while teaching at the school in the nearest town. Upon hearing her decision, Gilbert Blythe gave up his teaching position in Avonlea to enable Anne to teach and stay at Green Gables all through the week. She was very surprised of what he did for her.

赤毛のアン

それまでずっと敵視していたギルバートの優しさに、その時に初めて気付いて感動します。その 後、ふたりは仲直り。大学に行けなくなったアンでしたが、大好きな人たちに囲まれながら、美し いグリーンゲイブルズで過ごす、これからの幸せな日々を、思い描いていました。「神は天にあ り、 この世はすべて良し」アンは、そっと詩の一節をつぶやいたのでした」

Anne was moved to know of Gilbert’s kindness, and they become good friends. Now she couldn’t go to college, but she was glad to think of happy days she would spend around lovely people in beautiful Green Gables. “ ‘God’s in his heaven, all’s right with the world,’ ” she whispered softly a line from a poem.

音読教材

キャラクター

<先生コーナー>

動画について

<関連科目・単元> 

QRコードの印刷

赤毛のアン

QRコードのプリントアウト
メモ
テキストのコピーはできません。