探究学習教材

なるほどエージェント
検索

1、2コマ活用の授業準備

授業の1コマ目(あるいは前半)は情報のインプット、2コマ目(後半)は情報をアウトプットする練習をしていきましょう。※具体的な指導案詳細はこちらからご覧いただけます。 

準備① 教材一覧表から、1つテーマを選びましょう。

学校の出来事と結びつけいやすいテーマを選びましょう。 

紐づけを想定する科目・単元・キーワードから選んでいただくこともできます。

教材一覧表から、1つテーマを選びましょう。

準備② ワークシート(思考ツール)を選び、各児童・生徒に送っておきましょう。

ワークシート(思考ツール)を選び、各児童・生徒に送っておきましょう

6つのワークシートの目的や活用法はこちらからご確認いただけます。 

タブレットを使って画面をクラス共有する方法

①ワークシートファイルをデスクトップにダウンロードして名前をつける

②お使いの学習支援ツールから、児童・生徒にファイルを共有し、名前を記入してもらう

③一覧表示して、クラス内で意見を共有する

6つのワークシートの目的や活用法

授業1コマ目 情報をインプットする 

単元で学ぶテーマ、使うワークシート紹介をします。テーマは、学校で起こっている出来事やニュースと紐づけて紹介するのがおすすめです。 

(例1:教室が散らかっているね。どうしたら問題解決できるかな?→「プログラミング的思考」動画を見て、どうしたら整理整頓できるか、いっしょに考えてみよう)

授業1コマ目 情報をインプットする

活用するワークシートの目的や、何を書くか(どう表現する)を伝えます。 

動画やイラストの目的は「好奇心を持ってもらうこと」です。時々動画を停止し、「どうして〜は大切かな?」「〜はどんな意味かな?」など問いかけたり、キーワードを確認しながら見せていきましょう。※動画下には、音声を一時停止したり、画面を拡大するボタンがあります。 

動画やイラストの目的

授業2コマ目 情報をアウトプットする(まとめ・分析・発表)

調べてまとめる

動画をきっかけに、もっと知りたいと思ったことを調べてもらいます。調べる時間をリミットすることで集中して調べることができます。プロジェクター画面でみんなが書き込んでいることをリアルタイムで共有するのもおすすめです。※共有するときは出席番ごとにシートを振り分けるのがおすすめです。 

6つのワークシートの目的や活用法

問いコーナーを活用する

問いコーナーには、「答えが1つでない問い」「批判的思考を促す問い」「関連性のある問い」を用意しています。積極的に児童・生徒に問いかけをしてみましょう。 

情報を集めよう!

「情報を集めよう!」セクションはyahoo!きっずにリンクしています。ヒントとなるワードをクリックすることでいろんなことを調べることができます。 

発表する

ワークシートに書いたことをプロジェクターで画面共有して、みんなで見たり、発表し合いましょう。 

「〜さん、発表してみて」「〜くん、〜さんの発表を見てどう思う?なぜそう思ったの?」など、問いかけをしていきます。

探究プロセスを通じて、発見したことや気づいたことをまとめていきます。 

探究学習を発表する

授業最後の振り返り

ルーブリック表をベースに自己評価をしてもらうこともできます。問いを立てられたか?調べられたか?他人の話を興味を持って聞けたか?協同学習で協力できたか?振り返りをすることで、次の学びの目標ができます。 

なるほど!エージェント ルーブリック表

探究学習ルーブリック表